一般社団法人東京下水道設備協会にようこそ

高度な設備技術で支える東京の下水道

 一般社団法人 東京下水道設備協会は、下水道の技術的諸問題を解決するための技術集団であり、下水道設備関連の風水力、電機、処理装置等の会社が集まって組織しています。
 東京都における下水道設備の整備拡充を図るため、専門技術の向上、維持管理に関する技術的調査研究、普及啓発等の事業を行い、もって都民の生活環境の向上と地球環境保全に資することを目的として、1984年4月3日に社団法人として認可され、その後公益法人制度改革に基づき、2012年4月1日に一般社団法人として現在に至り、関係各位のご理解とご支援のもと、社会に信頼される技術集団として活動しています。

 ◆お知らせ◆

2020年05月18日第45回定時総会・2020年度第2回理事会を開催し、新役員を選出しました。
なお、新型コロナウイルス感染症防止の観点から、当日予定しておりました懇親パーティーは、残念ながら中止しました。
2020年04月27日2020年度第1回理事会を開催し、2019年度決算報告を承認しました。